テスト領域

領域・能力・レベルの3つの尺度で問題を対応づけ

領域・能力・レベルの3つの尺度で問題を対応づけることにより、
お子さまの能力をしっかり把握していきます

全統オープンでは、領域・能力・レベルの3つの尺度で問題を対応づけることにより、お子さまの能力をしっかり把握していきます。

知能分野

縦軸に数量、言語、図形映像、自然科学、生活常識の5つの領域にわかれています。
横軸には知識力、処理力、記憶力、比較力、推理思考力の5つの能力にわかれています。
5×5の25の領域能力にわかれ、それぞれの領域能力の中に、「規則性」「重さの比較」「季節」などの単元が決められています。

知能分野の領域について

数量は「計数・分類計数」など数を扱う領域です。
言語は、「しりとり」や「同頭語」など言葉を扱う領域です。
図形映像は「広さの比較」や「回転する平面図形」など図形を扱う領域です。
自然科学は「動物」「濃度」など小学校以降で理科にあたる領域です。
生活常識は「季節」「ルール・マナー」など小学校以降で社会にあたる領域です。

知能分野の能力について

操作性とは、問題を見てすぐに解くのではなく、一度頭の中で考えてから解く性質のことです。
操作性のない能力は、知識力、知識の有無を問うもので、処理力、単純作業・処理の速度を測るものです。
操作性のある能力は、記憶力、出題時に問題プリントを見ずに、出題後に解くものです。
比較力、2つ以上のものを比べるものです。
推理思考力、条件から推理あるいは思考を必要とするものです。

技能分野

技能分野の領域について

制作技能、制作総合、生活技能の3つの領域にわかれています。
「ちぎる」「切る」など具体的な操作は制作技能、「丁寧な制作」「整頓」などは制作総合に分類されています。

技能分野の能力について

能力は巧緻性と生活力に分けられています。

運動分野

運動分野の領域について

体操、器械運動、歩く走る跳ぶの3つの領域にわかれています。
「ボール」や「平均台」など道具を使うものは器械運動に分類されています。

運動分野の能力について

能力については大きく運動力という分類があり、そのなかに反射能力、判別能力、定位能力、バランス能力、リズミング能力の5つの能力にわかれています。
判別能力とは判断し調整する能力をあらわし、定位能力とは方向性を定める能力をあらわしています。
ほかの分野の単元と違い、1つの単元で2つ以上の能力が要求されているものがあります。

行動分野

行動分野の領域について

領域は行動態度の1つだけになります。

行動分野の能力について

能力は「社会性」と「忍耐力」にわかれています。
お友だちとの協調性や、前向きにがんばる力は「社会性」、「落ち着き」や「待つ」ことは「忍耐力」に分類されています。

このように縦軸に領域、横軸に能力と幼児期に必要な力をマトリックス状に分類しています。さらに問題ごとに難易度、レベル別に区分していますので、3次元的な問題となっており、お子さまの能力をしっかり把握していきます。

近日開催のイベント