受験基礎知識・コラム

受験に関する役立つ情報

小学校受験に関する役立つ情報や
ポイントをご紹介します。

小学校受験ってなに・・??

小学校受験ってなに・・?

「お子様のより良い環境を選んであげたい」「近隣の公立小学校に不安要素がある」「お母さまが私立小学校出身」など、皆さん入口は様々です。このような考えの中、私立小学校や国立大学附属小学校と出会い、我が子に通わせてあげたい・・とまず思われます。その私立小学校や国立大学附属小学校に入学するためには、入学考査(試験)を受け合格する必要があります。つまり、受験をすることになります。

私立小学校と国立大学附属小学校の違いは・・??

私立小学校と国立大学附属小学校の違いは・・?

ほとんどの私立小学校には、建学の精神があります。つまり各小学校の願いである“子ども像”があります。実際に通われておられるお子様のタイプも学校により異なります。ご家族に合う小学校を選ぶ必要があります。
また学校によっては通学時間(距離)の指定されている場合もあります。 国立大学附属小学校は、ある意味教育の研究機関でもあります。実際に実習の先生方もおられ、教育の研究機関として新しい学習方法で学ぶこともできます。但し学区(通学可能地域)があり、その地域内で住んでおられる方が対象になります。 その他、教育方針は基より、授業料等も異なります。

子どものどんなところを見ているのですか・・??

このことについても学校によって異なりますが、お子様の思考力・判断力・行動力・態度面なども含め、総合的な力を見ておられる傾向にあります。

入学考査はどんなことをするのですか・・??

入学考査はどんなことをするのですか・・?

望まれる子ども像が異なるため、各学校によって異なりますが、全般的に

  1. プリント課題
  2. 運動考査
  3. 行動能力・社会性
  4. 言語能力
  5. 絵画・制作課題

など多岐に渡ります。また、普段の家庭でのしつけや態度なども重要視されています。
その他ほとんどの私立小学校では、保護者及びお子様の面接があります。国立大学附属小学校では、上記の課題だけではなく、抽選がある場合がほとんどです。

入学願書はどうなっていますか・・??

入学願書はもちろん保護者が記入します。学校によっては志望理由など細かく記入する必要があります。各小学校に対し保護者からの大切なアピールになります。

中学や高校受験とは違うのですか・・??

中学や高校受験とは違うのですか・・?

違います。お子様の力だけではなく、ご家族の教育方針や姿勢などの、保護者の方の考え方が入試結果にも繋がってきます。お子様に合う小学校=ご家族の考え方に合う小学校と言えます。多くの私立小学校で保護者面接を取り入れているのはそのような意図があります。

母親が働いているのですが・・??

首都圏、関西圏でも共働きの方のお子様も多く受験されておられます。今の時代では、不利になるということは考える必要はありません。

小学校受験は準備が必要なのでしょうか・・??

小学校受験は準備が必要なのでしょうか・・?

お子様がいままで成長してこられた自然な様子で受験をされる方ももちろんおられます。ただし、学校によっては小学校2〜4年生程度の力を要求される場合もあります。お子様の成長に合わせ、経験を積み重ねていかれる方が多いのは事実です。

どうやって小学校を決めればいいですか・・??

どうやって小学校を決めればいいですか・・?

もちろん距離や通学方法、学費、宗教教育など様々は観点で決めていく必要があります。ただ大事なことは、ご家庭の教育方針とその学校が合うかどうかがポイントです。決して学校名だけで決めることのないようにしましょう。そのためにも、各小学校で行われている説明会や行事に足を運び実際に学校をご覧になり、こころで感じとってほしいと願っています。

近日開催のイベント